フランス生活

フランス人の仕事は日本人と大違い!ストレスなく仕事をする4つの方法





こんにちは、ペロンです。

 

フランスで働いていると、フランス人の働き方に悩んでいる日本人を見かけます。

Aさん
Aさん
全然返事こなくて…何も進まない…
Bさん
Bさん
仕事のペースがスローすぎて…何も進まない…
Cさん
Cさん
言い訳三昧で…何も進まない…
Dさん
Dさん
働き方が違いすぎて、しんどい…

実際、私も上記のように悩んだ人の一人。

本当に働き方が違いすぎて仕事が上手く進まず、よく毎日イライラしていました。

 

またフランスの現地で働いている訳ではなくても、関係先の会社がフランス系だったりすることもありますよね。

日本にいながらも働き方の違いですごくストレスを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんな私ですが、さすがに約2年半もフランス人と仕事でやり取りしていると…だんだん悟り開きw、コツをつかめてきました。

フランス人と上手く仕事を進める方法についてまとめました。




相手を変えるのは無理だと悟ろう

まず前提として…

日本式の仕事の仕方を、日本文化に馴染んでいない人に押し付けても無意味です。

人間そんなに簡単に変わらないし、変えられません!

フランス人相手にそれをやっても意味ないと悟りましょう…

 

例えば、定時近くに「緊急だ!」と言われた場合…

定時後だろうが何だろうが、対応するのが日本人。

「いや、もう帰る時間だから」と上司に丸投げし、スッと帰るのがフランス人。

こちらの本でも書かれていますが…

とにかくフランス人はプライベートが優先、仕事に振り回されません。

そもそも仕事に対する考え方も優先度も、ライフスタイルも違うし、そういう社会でずーーーーっと生きてきた人たちなのです。

そんな環境で生きてきた人たちをねじ伏せるのは無理なのです。

むしろフランス人側も日本人のやり方に合わせようなんてことは一切しません。

 

相手の働き方の違いにこだわり、「どうして上手くいかないんだ!」と思い始めると、ただどんどんイライラしてしまうだけです!

そんなどうしようもないことで消耗するのは辞めましょうw

この諦めはとても重要です。




緊急時は電話をかけるか、直接話そう

私の経験上、フランス人はほんっとうにメール返しません。

大至急メールが欲しい、返事が欲しいのに…そんな時、ありますよね。

でも、どんなに煽り倒しても返事が来ないのです。

なぜかというと、メールは形に残ってしまう証拠になりえるからです。

自分が何か発言して、それが原因で責められるのを極端に嫌うのです。

 

例えば…

メールを送ったけど、受け手のフランス人が「うーんわからないなぁ」と思ってしまった場合。

そのまましばらく返事せず、温められますw

本人も「返事しないといけない」とわかっているのですが、でもわからないものはわからない…

しばらくして返事が来るときはラッキーですが、悩んでいるうちにそのまま返事を忘れられることもしばしば…w

ペロン
ペロン
早く返事くれ!!!

 

本当に緊急で急いでいると、本当焦ってしまいますよね。

焦ってメールで煽っても…だいたい返事は帰って来ません。

それもそのはず、間違った発言を恐れているので返事は来ません。

私もよく経験します。

 

なので、どうしても緊急で返事が欲しいときは、電話か会社内のチャットシステムを使いましょう。

直接会って話しをするのも効果的です。

案外、形に残らない形だと、普通に返事をしてくれることが多いです。

 

でもこの場合、口約束になってしまい非常に怪しいです!

あとから「私そんな事いってないわよ!」とひっくり返してくる危険性があります。

そんなときは、「あの時、電話で(直接)こういう話して合意したよね?大丈夫だよね?質問あったら返事してね!」とメールをしておきましょう。

一応あなたサイドから、確認のための連絡はした、という証拠が残せますw

少し面倒ですが、言った言わない論争を避けるためにも、必ず証拠を残しておきましょう。




何かしてもらったら、褒めちぎろう

返事をもらったり、仕事をしてもらうのが難しいフランス人とのビジネス。

何かしてもらったら…

これでもか!というぐらいべた褒めしましょう!www

ペロン
ペロン
ありがどぉおおおおおお!!!おかげでどうにかなるよぉおおお!!!!!

こんな感じw

人間、ほめてもらえたり、感謝されたら嬉しいですよね。

普段も「ありがとう」と感謝を伝えているかもしれませんが、大げさにやりましょう。

「あなたが○×をやってくれたので、どうにか上手くいきそう!」など具体例を挙げるとより良いですね。

絶対に気分良くなってくれますw

 

下手にでて、おだてるなんてめんどくさい!と思う方もいますよね?

でも、ちょっとオーバーに「ありがどぉおおおおお!!!!」と言っておけば、仕事がスムーズになるんです。

悪くないのではないでしょうか?w

私も日本で仕事していたときより、3倍ぐらいは「メルシィ~~~~~~~~!!!」といいまくっていますw

褒めちぎられて嫌な気分になる人は少ないです。

積極的に感謝の意を、オーバーに表現しましょう!w




もうフランス人のように振舞う

日本から駐在員としてフランスに滞在している人にありがちなのではと思いますが…

日本の会社から要求がたくさんあるのに仕事が進まない、フランス人を上手くコントロールできない!と言う方、いらっしゃるのではないでしょうか。

やらないといけない仕事があるのに上手く人を巻き込めない状況は、イライラしてしまいますよね。

私もフランスで駐在員として仕事していた経験があります。

その当時は本当に毎日なかなか仕事が進まず、禿るんじゃないかと思うぐらいイラつきましたw

 

でも上記の通り、全く日本と違う文化で生きてきた人たちに対して、日本の働き方を押し付けるのは無謀です。

ほぼ出来ない、不可能だと割り切ってしまい、もう諦めましょう。

 

そしてイライラしないために…

あなたも、もうフランス人のように振舞ってしまえばいいのですw

よくフランス人はこんなことを言います。

ペロン
ペロン
あ、それ私の仕事じゃない!
ペロン
ペロン
私のせいじゃないから、知らない!
ペロン
ペロン
もう時間だから帰りまーす!!

業務範囲がはっきりしていて、自分のことだけをやっていればいいのです。

日本人からすると、すごく言い訳のように聞こえてしまいますよね。

でも、ただ自分の権利と責任範囲を主張しているだけなのです。

 

皆こんな感じなら、そうなってしまえばいい!

「郷に入っては郷に従え」と言いますよね?

もういっそ、現地人になってしまいましょう!

 

それでも駐在員は上手く仕事をやらないといけない!と思う方はこちらの記事をどうぞ。

駐在生活をストレスなく乗り切る方法についてまとめています。

https://madameperon.info/archives/expat-abroad-how-to-manage-stress.html




私はこの方法で、なんとなくうまーくフランスの会社で生活できています。

フランス人だけではなく、外国人との仕事の進め方で困っていたら、ぜひ実践してみてくださいね。

 

ペロン
ペロン
ツイッターでも日々フランスの面白話をつぶやいているよ!

ペロンに興味を持ってくださった優しい方はTwitterもぜひご覧ください♡
FOLLOW ME!